2010年05月18日

日本での還暦

日本における還暦の祝いでは、本人に赤色の衣服(頭巾やちゃんちゃんこなど)を贈る。かつては魔除けの意味で産着に赤色が使われていたため、生まれた時に帰るという意味でこの慣習がある。

* 還暦を機に現役を引退する例も多かった。満60歳を定年とする職場も多かったが、65歳定年のところも増えてきている。

* 還暦式 - 成人式に対して、60歳の還暦を第二の人生の出発として祝う「還暦式」と呼ばれるものが行われ始めた。2007年10 月民間主導の佐世保市[1]、地方公共団体が催した2005年11 月の壱岐市[2]や2008年10 月の市川市[3]などがその始まりである。

還暦祝いの花
http://www.mmusee.com/60birthday.html
ラベル:還暦
posted by kuzirajump at 20:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご祝儀

1. 慶事(喜ばしい時)などの祝意やその互助活動の手間に対する謝意を表すために贈る金品のこと。
2. 弔事などのお見舞いやその互助活動の手間に対する謝意は不祝儀(ぶしゅうぎ)という。
3. 興行や遊興を提供する者に対し送られる謝意としての金品で、チップの様な物とする向きもあるが、日本では法律上は不労所得だが、欧米では所得であることが多い。また、意味合いにおいても日本独特のハレとケに由来するとも言われる。具体的には力士に対し健闘を称えたり芸妓の技芸や旅館の仲居の接客に対し、非日常(ハレ)を演出してくれる事に対する感謝でもある。
4. 景気付けの一環として商取引やその生業に従事する人々の感謝や発奮を促す行為として高値で取引したり、金品を贈る行為。具体的には好事家や趣味人が、難度が高い特殊な物品の作製を依頼した時などに、携わる技術者(職人)に景気付けに渡す事もある。
5. 賭け事などで期待値を高め、遊興にメリハリを付け作業対効果を簡単に上げる為や、難しい手(役)を作った事に対する祝意である。一般的には麻雀などで良く知られる。

江戸時代においては、金品の代表的な物として「手拭」が贈られた。現在でも歳暮や中元では、手拭やタオルを配る習慣として残っている。

結婚祝いに花の贈り物
http://www.mmusee.com/bridalgift.html
posted by kuzirajump at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。